HOME > やまなみ幼稚園へ入園をお考えの方へ > 子育てあれこれ

やまなみ幼稚園へ入園をお考えの方へ

子育てナビ

子育てに役立つ情報が満載!!

「子どもはかわいいけれど、子育てってしんどいなぁ」、「どうして私の言うことを聞いてくれないの?」などなど、子育てに関するたくさんの悩みや不安、誰しも一度は持ったことがあるのではないでしょうか?
 でも考えてみてください。お子さんが今、3歳なら親になってあなたもまだ3年。わからないことだらけで当然なんです。不安や悩みがあるのは何もおかしことではありません。
 「子育てって楽じゃないけど、楽しいなぁ!」って思ってもらえるように、園長の僕自身の子育て経験や偉大な先人の知見を頼りにした心がス~ッと楽になる子育て論を載せています。
 子育てにしんどくなった時、どうすればいいのか分からなくなった時には、ぜひ一度覗いてみてください。「へぇ~、そうなんだ」、「なるほど~!」と気持ちが楽になるかもしれません。僕の「子育てあれこれ」が少しでもみなさんの子育てに対する不安や悩みを軽減できる薬になってくれれば嬉しいなぁって思います。

子育てあれこれが書籍として出版されました!
理論と実践から学ぶ『読んでよかった』と思える子育ての本 田中文昭 著

詳しくはこちら

 
  • コミュニケーションは あいさつから
  • 先取りママにならないで
  • 子どもの成長を性急にもとめない
  • 整理上手な子どもにするためには
  • 叱り方について
  • 集中力を養うには
  • 入園前におむつをとって おきたいのですが
  • 心を育てるってどういうこと (その1)
  • 心を育てるってどういうこと (その2)
  • 入園したとき、 登園を嫌がったら
  • 子どもと接する上で大切な観点
  • 道草は好奇心、探究心の芽生え
  • 子どもが自然と言うことを聞いてくれる魔法
  • 挑戦する勇気を持たせるには・・・
  • キレない子どもを育てるには
  • 褒めて子どもをその気にさせる
  • 子どもの話の聞き方
  • 褒めるところを見つけるには
  • 褒めるタイミング
  • 結果ではなく過程に目を向ける!
  • イライラせずに叱るには・・・
  • 子どもへの接し方をちょっと見直してみませんか?
  • 褒め方のコツ
  • 仮定法を使って褒めてみる
  • 子育てをもっと気楽に考えよう
  • 子どもへの理想的な接し方
  • 叱ると褒めるはワンセット
  • 感性を育むには…
  • 積極的な行動が取れるようになるには…
  • コミュニケーションは一貫性を
  • 人の気持ちを理解する
  • 子どものやる気への支援とフォロー
  • 子どもの思いを先取りしない!
  • 子どもの育ちを考える
  • 遊ぶときには一定のルールをもって
  • 子どもの特性を理解する
  • 子どもに適度な期待をしよう!
  • 親が変わると子も変わる
  • 子育てはあせらず急がずゆっくりと
  • 子どもの成長を温かく見守る
  • マネることの大切さ
  • 褒めるところを見つけるコツ
  • 子どもにきちんと理由を説明する
  • 人と関わらず努力を!
  • 考える子を育てる
  • 子どもの世界を考えてみる
  • しつけってどんなこと?
  • なんでもかんでも褒めてしまわない
  • いろんな子どもと遊ばせよう
  • 子どもの絵の世界を知る
  • たくさんの本を子どもに読ませてあげよう
  • 子どもがうまく片付けられるようになるポイント
  • ◆◆◆参考文献◆◆◆
  • 読書の習慣を身につけさせるには
  • 少しずつ子どもにお手伝いをさせよう
  • 子どもがおもちゃをねだったら…
  • 気持ちを言葉にしてあげよう
  • 子どものやる気を応援する!
  • 子どもの頃のことを思い出してみよう!
  • 子どもの態度にイライラしてしまうときは・・・
  • 片付ける
  • 子どもが言うことを聞いてくれないときは・・・
  • 自分自身を振り返ってみる!
  • 子どもが子どもを育てていく
  • 子どもの絵の見方
  • どうして大人は子どもの気持ちを考えられないことがあ..
  • 子どもが他人の気持ちを理解するには...
  • 祖父母の力を借りてみる
  • 子どものイザコザにどう付き合うのか?
  • 適度な子どもへの関わりってどのくらい?
  • 当たり前を見直してみる
  • 子どもを外で遊ばせよう!
  • 子どもとの遊びを考える
  • 子どもをもっと抱きしめよう!
  • 幼児期教育が大切な理由
  • 魔法の言葉「ありがとう」
  • 子どもと上手にコミュニケーションをとろう!
  • 見守られているという気持ちが子どもには大切
  • 家族の絆を強めるもの
  • 夢中になる体験をさせよう
  • 父親の育児参加
  • 早寝できていますか?
  • 適切な目標ってどのくらい?
  • 子どもへの伝え方を考えてみる
  • 英語を学ぶということ
  • 子どもへの伝え方を考えてみる その2
  • 大人と子どもの違い
  • 子どもから教えられること
  • 体験を通して学ぶ大切さ
  • 「ちょうどよい」という感覚
  • 子どもが約束を破ったときにはどうしたらよいのか
  • メタ認知行動による良質な保育
  • 子どもの気持ちを受け止める!
  • 子どもの「いや~!」に応答する
  • 「岡目八目」
  • 角度を変えて子どもを見る
  • 依頼をするときは分担することを知らせよう
  • 肯定的な表現で伝える工夫を・・・
  • 楽しいことに焦点を合わせて生活しよう
  • 嫌なことを忘れるために・・・
  • 笑顔は人を惹きつける
  • 自己分析をしてみよう
  • 行動に焦点を合わせて褒めてみる
  • 自分自身の喜怒哀楽の基準を意識してみる
  • 一呼吸おいてセルフトークをしてみよう
  • 子どもの描く絵は、このように見よう
  • 道徳性と社会性が育っていくには
  • 人とのつながりが生活を豊かにする
  • 子どもの自己肯定感を高めよう
  • ばらばらで一緒
  • 後々尾を引かない叱り方
  • 見張るから見守るに変えてみよう
  • 今の自分と子どもを比較しないでおこう
  • 子どもに片付ける習慣が身につくことを願って
  • 子どもが片付けをしない時への対応
  • 人間関係力を育もう
  • 人間力を育もう
  • 子どもに願いをもってかかわる
  • 幼児期・児童期は大人になるための土台作り
  • 誉める質を高めよう
  • 家に帰ったらまず宿題をする習慣をつけましょう
  • 絵本を読み聞かせる習慣を大切に
  • 読書の習慣を身につけさせるには

    「忙しいのによく本を読む時間があるね」などとよく人に言われます。時々自分でもそう思うことがありますが、習慣になっているので全く苦痛ではありません。むしろ全く読まない日があればご飯の後に歯をみがかない時のようにとても気持ち悪く思うようになっています。

    どうしてこんなに本を読むようになったのか?自分で一度、その理由を探すべくこれまでの人生を振り返ってみました。

    母親が先生をしていたこともあってか、よく小さい頃は絵本を読んでくれました。それが決まって寝る前です。幼稚園の頃は毎日だったように思いますが、小学校になっても読み聞かせをしてもらっていたような記憶があります。本の内容は忘れましたが、『小さいモモちゃん』という本がとても印象に残っています。

    小学校になって字が読めるようになると『少年少女文学大全集』というような類の本が家の中にはたくさんあったように思います。確か本棚が廊下にも置いてあったように思います。そして応接間には難しそうな百科事典なんかも並んでいて小さい頃は意味もわからないのによく眺めていました。徳川家康や、ベートーベンなどの偉人伝にも夢中になりました。何ヶ月かに一度、大きな本屋さんに連れて行ってくれました。そこには小学生の子どもが読む本がたくさんあり、半日ぐらいかけて本を選び、どっさりと購入してくれたのを思い出します。そのころは『ファーブル昆虫記』や『どくとるマンボウ』シリーズに夢中でした。僕の次男が「大きくなったら虫博士になる」と言っているのですが、その影響かもしれません。

    中学校になると「どれぐらい本を読んだのか」というのをクラスの中で競うようになり、読んだ本の数を棒グラフで張りだされていました。どうしてもそれで一番になりたくてよく本を読みました。『大造じいさんとがん』なんかはすごく印象に残っています。そして極めつけは作文コンクールに入賞してクラスで担任の先生から褒めてもらったことです。本を読めばまわりが褒めてくれそれが結果に出ているというような感じでした。

    ところが、高校生になるとマンガばっかりになり、本はほとんど読まなくなりました。マンガは週に10冊ぐらいは読んでいたように思います。単行本を入れるともっと多かったかもしれません。ただ、1時間近く電車に乗って通っていたので、小説だけは行き帰りの電車でたくさん読みました。その頃は三浦綾子や田辺聖子など女流作家の作品をよく読みました。

    大学生になってもマンガ、マンガで、決められた授業の本以外にはほとんど読みませんでした。それでも「英語の資格テストを受けるから」とか、「教育の勉強をするから」とか、いろんな動機があり、本が少しずつ増えていきました。そして3年生のころには住んでいた部屋が本でせまくなって広い部屋に引っ越ししました。4年生になって卒業論文に取り掛かるようになってさらに本の数が増えました。大学時代に読んだ本の半分は4年生の半年間で読んだように思います。それでもなんとなく読んでいたような感じだったのでこのころ読んだものが今、身に付いているのかどうか定かではありません。

    そして社会人になると忙しい仕事だったために本をじっくり読む時間がなくなってしまいました。それで手軽なマンガばかり読んでいました。本は月に1~2冊といったような感じです。僕の人生の中で一番、本を読まなかった時期が会社員時代です。それが、幼稚園に勤めるようになって急に変わりました。たぶん、自分が何とかしていかないといけないというような思いになったからだと思います。気がつけば、結婚前に本を整理したら300冊ほどあり、大部分を結婚前に処分しました。そして結婚後も読書は生活の一部になっています。5分の空き時間があれば、本を読むようになっています。今ではより時間を有効的に使うために鞄の中には常に本が3冊ほど入っています。すべて読みかけの本です。保育や心理学の専門書や論文、ビジネス本、小説といったような感じです。その時の気分や体の疲れ具合によって読むものを変えています。そのため、出張の時もあまり車を使わないようになりました。電車の中ではボーッとする時間もなく、活字とにらめっこしています。そして人と待ち合わせするときでも本を持ち歩いています。そうすれば、相手が遅れてきても本を読んで待っていればイライラすることなく待つことができます。今では疲れ切っていなければ、必ず寝る前に本を読みます。気がつけばスズメがチュンチュン鳴いていたということもあります。

    このように自分の半生を振り返ってみましたが、やはり小さい頃に母親が本を読む環境に僕を置いてくれたのが本好きになった大きな理由だろうと思います。「読みなさい」と強制されたことはあまりなく、一冊読み終えたら母親が読ませたい本が書庫や机の上に置かれてあったように思います。小さい頃に読書の楽しみを覚えると大きくなって本を読むことに苦痛を感じません。また青年期には目標をもつことによってそれを達成するために自分の意思で読書をしたことが大きかったように思います。やらされたのでは今のようにはならなかったのだと思います。

    小さいうちには強制するのではなく子どもが読みたくなるような環境を整えてやることが大切だと思います。そして親が読書をすることだと思います。必ず子どもは親のしていることを見ています。そしてすぐにそれを真似ないでも大きくなってから親の姿を真似るようになります。もし子どもを本を読む子に育てたいのであれば、読むことを強制せずに読むと楽しいと思えるような本をそろえ、読みたくなるような環境を整えることと、親がその見本となって読書をすることではないかと思います。

    ▲このページのTOPへ戻る