推薦図書 ー 僕の推薦したい本を紹介しています

 読書は僕の趣味の一つになっています。ジャンルも小説から専門書まで、幅広く読んでいます。年間100冊は軽く超えていると思います。とにかく、よさそうと思ったものは手あたりしだい、読んでいきます。そんな時に「これは、いいぞ」という本に巡り会えることがあります。そんな良書を少しでも、みなさんにご紹介できたらと思って、このコーナーを作ってみました。いろんなジャンルからセレクトしたいと思います。楽しみにしておいてください。感想なんかも聞かせていただけると嬉しいです。

★以前に書いた読書に関してのブログです。

「読書の習慣を身に付けさせるには」
http://yamanami-kindergarten.jp/about4.php?idx=57#text
「たくさんの本を子どもに読ませてあげよう」
http://yamanami-kindergarten.jp/about4.php?idx=53#text

この世の中を動かす暗黙のルール 岡田尊司  幻冬舎

副題に「人づきあいが苦手な人のための物語」とついています。この本には、副題からもわかるように人間関係における暗黙のルールという名の考え方が記されています。本文の中に印象的なフレーズがあったので、紹介します。「人は関心を共有する者を仲間だと認める。関心を共有しない者は仲間から排除される。仲間と認められたければ関心を共有しなければならない」このフレーズをマイナス面でとらえるのではなく、プラス面でとらえると、人は自分一人で生きているように考えがちですが、実は生きているのではなく生かされているといえるのかもしれません。みんなが気持ちよく生活できる上で参考になる視点が示されているように思います

 

やまなみ幼稚園のHPはこちら