推薦図書 ー 僕の推薦したい本を紹介しています

 読書は僕の趣味の一つになっています。ジャンルも小説から専門書まで、幅広く読んでいます。年間100冊は軽く超えていると思います。とにかく、よさそうと思ったものは手あたりしだい、読んでいきます。そんな時に「これは、いいぞ」という本に巡り会えることがあります。そんな良書を少しでも、みなさんにご紹介できたらと思って、このコーナーを作ってみました。いろんなジャンルからセレクトしたいと思います。楽しみにしておいてください。感想なんかも聞かせていただけると嬉しいです。

★以前に書いた読書に関してのブログです。

「読書の習慣を身に付けさせるには」
http://yamanami-kindergarten.jp/about4.php?idx=57#text
「たくさんの本を子どもに読ませてあげよう」
http://yamanami-kindergarten.jp/about4.php?idx=53#text

限界集落株式会社 黒野伸一 小学館文庫

限界集落株式会社という不思議なネーミングに魅かれて本書を購入しました。農村で何かが起こるのだろうと想像しながら読み進めると、どんどんストーリーに引き込まれていきました。村社会独特の思想と町の思想とがぶつかり合うのですが、目指すところは同じ、村の発展であるところが実にリアリティをもって描かれています。閉鎖的な村社会も一人の町からの若者に対して刺激を受け、人々の心理に変化がみられます。同様に町から来た若者も村人から人としての温かさやつながりを学んで変化していきます。どちらの考え方が良いというのではなく、村的発想、都会的発想のどちらにもそれぞれの良さがあります。限界集落株式会社では目的意識を共有し努力を重ねることで両者の良さが融合されて一つになっていきます。この物語からは一つの発想にこだわらずさまざまな角度から物事を眺め検証していく大切さとともに人が他者を受け入れ協力していく必要性を学ぶことができます。幼児教育でも大切な「自分一人ではできないことであっても友達と協力すればできる」という感覚をこの物語からも感じることができます。

やまなみ幼稚園のHPはこちら