HOME > 関係者が語るやまなみ幼稚園

関係者が語るやまなみ幼稚園

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
関係者画像
  • 名前:池上絢子
  • 【卒園児:看護大学生】

卒園してから約15年が経ちました。
あらためて幼稚園時代を思い出すと、1番に思い出したのが、あの頃の友達と先生方でした。
仲のよかった友達の中には、引越しなどで遠くに行ってしまった子がいましたが、高校生になった今でも、たまに連絡を取り合っています。
卒園して何年も経ってから行った運動会でも、私のことを覚えていてくれた先生方がいて、とても嬉しかったです。
今でも担任だった先生とは、年賀状のやり取りをしています。
また、園児の時から小学校高学年まで習っていた幼稚園での英会話のおかげで、英語を話すことが好きになり、小・中学生の時に、スピーチコンテストに出ることができました。
日本人ではなく英語圏の方が先生をしてくれるので、耳も英語に慣れて、中学2年生の時にホームステイで行ったNZでも、むこうの人の話を少しでも理解することができました。この時習っていなかったら、きっと英語を好きになってはいなかったと思います。
行事は本当に沢山あって、“何が1番楽しかった?”と聞かれても、1つにはしぼれません。
移動動物園では、馬の大きさにびっくりしたり、沢山の動物とふれ合って、おいもほりでは、大きなのを掘るたびにほめてもらえるのが嬉しかったり。
卒園した後も、また遊びに行きたいと思えるやまなみ幼稚園に通えて、とてもよかったです。