HOME > 関係者が語るやまなみ幼稚園

関係者が語るやまなみ幼稚園

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
関係者画像
  • 名前:岩崎さやか
  • 【退職教員】

【在職中コメント】

やまなみ幼稚園に出会うまで、少し遠回りをしてきましたが職員の一員であることに誇りを持てる素晴らしい幼稚園にめぐり会えたと嬉しく思っています。
やまなみ幼稚園の魅力は多くありますが、その中でも外から入ってきた私が強く感じたのは、職員の先生方一人ひとりが皆活き活きと輝いていることです。
一般的に、私立幼稚園は外部からの情報や新しい考えをなかなか受け入れにくい保守的な園が多いようで、先生方はそんな幼稚園の中で不平不満を溜めながら働いていることが少なくありません。環境に納得できず活き活きと働くのは難しいことです。
私も自分の経験や学生時代の友人の話などから、この業界で“納得できる環境の園”にめぐり会えることは半ば諦めていました。それでも幼稚園で保育がしたい。子ども達と毎日を一緒に過ごしたい。と思い探していた矢先に出会ったのがやまなみ幼稚園です。
“納得できる環境”に期待していなかった私は驚きました。園長先生はまずはお互いの思いが合うか何度も話をして納得したうえで入ってほしいとのことなのです。そうすることで園の方針を理解し、私も自分の思いを伝え納得して入ることができました。
そして、それは今も続いています。何かをすすめる時に“昔からそうしてきたから”ではなく、“何故そうするのか”を伝えて下さります。昔からしてきたことのみにこだわらず、時代と共に変えていくことや、園外の情報や刺激を受け入れ、それを私達一担任に理解できるよう話してすすめられるので“やらされている感”がありません。自然と自主性も生まれ、皆活き活きと輝き働けているのだと思います。
自主性を重んじるやまなみ幼稚園では頑張らない人は必要ないといわれます。(_;)私は納得できる環境のなかで働かせてもらえる事に感謝し、楽しんで頑張りたいとおもいます。(o)/

【退職して】

今年度で退職することとなった今、やまなみ幼稚園の職員として働かせて頂いたことに誇りと感謝の気持ちでいっぱいです。
2年間という本当に短い間でしたが、その内容は濃く、多くのことを学ばせていただいた2年間でした。
この業界“見て学べ”の精神からほとんど教えてもらえない園が多いのですが、ここではとても丁寧に教えていただけました。
又、一日の保育を振り返り、良かった点や悪かった点などを伝え合う反省会も自主的にもうけられています。
お互いに刺激し合いより良い保育者を目指して保育に向き合う先生達の姿は私にとっても非常に刺激的でした。

ここで学んだ保育はもちろん、向上心を持ち続ける大切さを忘れず、今後も全力で毎日を過ごしていきたいと思います。
最後になりましたが、…保育に向き合う環境を与えてくださった園長先生、周りで支えてくださった先生方、暖かく見守ってくださった保護者の皆さま。そしてたくさんの笑顔をくれたかわいい子ども達!!本当にありがとうございました。