HOME > 先生のまなび

先生のまなび

content

backnumber
2012.09.19 研究保育6
子ども達に年長児として丁寧にするということを意識し、取り組めるよう案を考えて研究保育を計画しました。実際に行うと「こうした方がいい」と沢山アドバイスをいただきました。学べる環境に感謝するとともに、研究保育は、自分を見直すとてもいい機会だなと改めて思いました。この貴重な時間に学んだ沢山の事を、これからの保育に生かし子どもと共に成長していきたいと思います。(文責:大村)